もんでなすデイズ

ベースメイクはパウダリー?リキッド?どれがいい?

 

ファンデーションを選ぶとき、パウダリーがいいのか、リキッドがいいのか、それとも流行のクッションファンデがいいのか悩んでいませんか?お肌の状態に合わせてファンデーションを選ぶことで、あなたの肌悩みが解決するかもしれません。

 

まず、ニキビや皮脂が多い人にはパウダリーファンデがおすすめです。パウダリーファンデーションにはほぼ油分が入っていません。そのため皮脂くずれが気になる人や、皮脂が影響するニキビを悪化させたくない人には向いています。また最近は低刺激のせっけんだけで落とせるファンデーションも出ていますが、多くがブラシで付けるパウダリーのファンデーションです。低刺激を求める方や、まだ肌が敏感な状態の産後ママさんのスキンケアにもおすすめです。

 

逆に、乾燥肌でお悩みの人はリキッドファンデーションや、クリームファンデーションなど、潤いをキープできるファンデーションがおすすめです。夏は皮脂が出やすいけど、冬は乾燥するという方も、冬場だけはリキッドファンデーションを使うのもいいでしょう。

 

流行のクッション型ファンデーション。こちらはピタッとした密着感がほしい人、もともと肌がキレイだったように見せたい人におすすめです。油分を気にする人もいるかもしれませんが、クッションファンデの中の油分は揮発性なので、肌の上に乗せているうちに飛んでいきます。そのため自分の皮脂が出てきても、ひどいテカりは発生しないと言われています。そのためひどい乾燥肌のひとには少々物足りないかもしれませんね。

 

それぞれ自分の肌質にあったファンデーションを選ぶと化粧崩れも防げるので、メイク直しの手間も省けるかもしれませんよ。